読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STORMY EVERYDAY

世界一美しい嵐の中で歌います。

南の風、ブルースを舞い上げる。

Gregg Allman、逝去。69歳、ロックな旅立ちです。 昨年無くなったDaivd Bowieも69歳での旅立ちでした。

 

彼は1969年にThe Allman Brothersのメインパーソンとしてシーンに登場しました。

兄は同バンドのギタリスト、Duane Allman。彼も天才と崇められていましたが、1971年、バイク事故に遭い24歳でこの世を去ります。早すぎる兄の死に直面しながらも、バンドは力強く活動を続け、何度かの解散をしながらも、現在までその名前は残っていた。グラミー賞受賞やロックの殿堂入りなどなど実績もしっかりと残し、サザンロックのビッグネームとして今後も君臨するであろう。

 

とりわけ90年代、デレク・トラックスが加入していた時期のバンドは、70年代の黄金期を彷佛させる程パワフルな演奏であったと思う。それはデレクがすごかったというだけでなく、Greggの活力、インスピレーションも再び高まったからだと思う。

 

フィルモアのライブ盤もよく聴いています。近年のライブも、(音源のみが多いんですけど)、楽しませてもらっています。

 

 

長年にわたる活躍に想いを馳せ、今夜は彼の歌声を聴くこととします。

 

R.I.P. Gregg Allman

 

ではでは。

くるりの岸田さんがネプリーグに出てると思ったら竹田恒泰さんだった。

f:id:tsutsugystorm:20170522224503j:plain f:id:tsutsugystorm:20170522224504j:plain

ちょっと前の岸田さん。

 

ツツジです。暑いですね。すっかり半袖です。

こんな季節にはさわやかな風吹くようなアコースティックな音楽が聴きたくなる。

でも人によっては、暑苦しいゴリゴリのロックが聴きたい人もいるんじゃないでしょうか。

 

音楽に含まれる印象というものは、人によって、あるいは時と場合によってもかなり違うものです。

明るい歌を聴いて、たまらなく哀しくなってくる人もいるかもしれないし、

この世の終わりのように暗い歌で元気になる人もいるかもしれない。

 

例え作者の意図しない感情が芽生えたとしても、それは間違いではない。

むしろ正解であるべきだ。

音楽は、アメーバみたいに色んな形になる。

あなたの聴いた音楽を聴いたとき、その音楽に特別な感情を持ったとしたならば、それはあなたの為の音楽なんだ。

そんな音楽がたくさんあるのならば、それはきっとひとつの幸せなことなんだと思う。

 

ではでは、、、

さよならTVの中の人

TVには1クール(3ヶ月)という、期間の単位があって、

ドラマとかがだいたい1クールで作られる。長いモノだと2クールだったりするけれど。

 

バラエティーとか昼の帯番組だと、春と秋の改変の時期っていうのがひとつの目安になる。

 

 

僕はTVという媒体が好きだ。

一時は殆ど見なくなってしまったこともあったけれど、最近はまたよく見るようになった。

 

昔話になってしまって申し訳ないけど、かつてのTVは本当に毎日楽しかったように思う。

今は殆ど無くなってしまったレギュラーのお笑いネタ番組エンタの神様とか、レッドカーペットとか、次の学校で「あれが面白かった」「あいつはつまんなかった」とか、エラそうに友達同士で言いあったもんだった。

 

ドラマも例に違わず、毎週楽しみに見ていたドラマがたくさんあった。

 

笑っていいともも、もう終わって久しいけれど、未だによく覚えている。

夏休みとか、クソ熱い昼時のリビングで、さも当然のようにTVに映っていたタモさん。

永遠のマンネリ、みたいな言い方もされたけど、むしろそれが良かったんじゃないかな。あの昼の時間帯に派手なセットの中にたってるタモさんは、不思議な安心感があった。夜の最終回では、TVの本気を垣間みれたような気がした。

 

長くなったが、TV番組はいつか終わると、そう言いたいわけです。

特にバラエティ系は、終わる時はどこか寂しい。ドラマは、最初から終わりが見えてるから、あんまり寂しくはない。

 

ふと、ついこの前そんなことをTVを見ながら考えて、その場で詞を書いて、曲を付けました。

「さよならTVの中の人」という歌です。

 


「さよならTVの中の人 (弾き語り)」 TSUTSUGYSTORM

ぜひ、ご視聴くださいませ。

 

ではでは。

嵐の後、甘い蜜に誘われて。

このブログもアクセスが増えてきまして、嬉しいです。

引き続きよろしくどうぞ。新たしくご覧になってくださった皆様、初めまして。

 

改めてこのTSUTSUGYSTORM(ツツジトーム)という名前、

由来はまぁ、花のツツジに由来するんですがね。この間近所の沢山咲いてるところに見に行ったんですけど、ちょっと時期が過ぎちゃったようで、満開とは言えませんでした。。。残念。

 

f:id:tsutsugystorm:20170509135747j:plain

 

f:id:tsutsugystorm:20170509135859j:plain

撮影は勿論TSUTSUGYSTORMです。

 

ちなみに自宅の外にはドウダンツツジが咲きます。

f:id:tsutsugystorm:20170509140019j:plain

ドウダンツツジ、漢字だと "満天星" と書きます。何ともロマンチック。

 

ツツジに限らず、草花が好きな私。

音楽なんて創ってるもんだから、基本的に引きこもりがちになっちゃうので、いい気分転換になりました。

 

ではでは。

最後に、楽曲の宣伝を。。。

 


TSUTSUGYSTORM 「君と夕暮れの間」 リリックビデオ

君と夕暮れの間を走る"僕"の歌です。

誰でも感じた事のあるであろう、何かよく分からない焦燥感を描いたつもりです。

是非聴いてください。

 

TSUTSUGYSTORM

GW (ゴールインした渡部)

渡部さんごめんなさい。アンジャッシュのネタ大好きです。

饅頭屋さんの嫁さんのお父さんに挨拶に行くやつが好きです。

 

ゴールデンウィーク

街は浮き足立っちゃって、キラキラとしています。

幸い天気もよくてね、子供達は充実したゴールデンウィークだったんじゃないでしょうか!!

 

沖ノ鳥島さんはこのゴールデンウィーク何されてたんでしょうかね。

(児島だよっ)

 

明日はちょっと出かけるつもりです。

最近行ってなかったので、美術館にでも。

 

・・・

最後に、楽曲の宣伝を。。。

 


【ただただ僕が走る歌】TSUTSUGYSTORM 「君と夕暮れの間」 リリックビデオ

 

誰もが一度は見たことのあるであろう、眩しい程の夕暮れ時を歌にしました。

是非ご視聴ください。

 

それでは、また。

 

 

空に向けるように、君に手をのばした。

どうも、TSUTSUGYSTORMです。

今日はみどりの日ですね。毎日新聞も緑色でした。空は青色でした。僕という名前の青でした。

 

あたらしく音楽を公開したので、紹介いたします。

 


TSUTSUGYSTORM 「君と夕暮れの間」 リリックビデオ

 

君と夕暮れの間。

君と夕暮れの間にいる"僕"の歌です。

走っています。街を。紅い街を。夕暮い街を。

最後に君に出逢えたのかどうかは、人それぞれであり、時と場合によるんじゃないかなと思います。

 

是非、ご視聴ください。

 

ではでは。

TSUTSUGYSTORMです。

こんにちは、TSUTSUGYSTORMです。

ツツジトームと読んでください。

 

音楽を創っています。

ついさっき、活動をスタートいたしました。

たくさんの人に聴いて欲しいです。

あんまり器用じゃないので、最近のクリエイターさんみたいに絵を描いたり凝ったムービーを作成したりは出来ません。本当に出来ることは音楽くらいです。

 

どうぞみなさん、よろしくお願い致します。

 


TSUTSUGYSTORM 「青新号」