読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STORMY EVERYDAY

世界一美しい嵐の中で歌います。

さよならTVの中の人

TVには1クール(3ヶ月)という、期間の単位があって、

ドラマとかがだいたい1クールで作られる。長いモノだと2クールだったりするけれど。

 

バラエティーとか昼の帯番組だと、春と秋の改変の時期っていうのがひとつの目安になる。

 

 

僕はTVという媒体が好きだ。

一時は殆ど見なくなってしまったこともあったけれど、最近はまたよく見るようになった。

 

昔話になってしまって申し訳ないけど、かつてのTVは本当に毎日楽しかったように思う。

今は殆ど無くなってしまったレギュラーのお笑いネタ番組エンタの神様とか、レッドカーペットとか、次の学校で「あれが面白かった」「あいつはつまんなかった」とか、エラそうに友達同士で言いあったもんだった。

 

ドラマも例に違わず、毎週楽しみに見ていたドラマがたくさんあった。

 

笑っていいともも、もう終わって久しいけれど、未だによく覚えている。

夏休みとか、クソ熱い昼時のリビングで、さも当然のようにTVに映っていたタモさん。

永遠のマンネリ、みたいな言い方もされたけど、むしろそれが良かったんじゃないかな。あの昼の時間帯に派手なセットの中にたってるタモさんは、不思議な安心感があった。夜の最終回では、TVの本気を垣間みれたような気がした。

 

長くなったが、TV番組はいつか終わると、そう言いたいわけです。

特にバラエティ系は、終わる時はどこか寂しい。ドラマは、最初から終わりが見えてるから、あんまり寂しくはない。

 

ふと、ついこの前そんなことをTVを見ながら考えて、その場で詞を書いて、曲を付けました。

「さよならTVの中の人」という歌です。

 


「さよならTVの中の人 (弾き語り)」 TSUTSUGYSTORM

ぜひ、ご視聴くださいませ。

 

ではでは。